笠岡の住みやすさ・魅力 笠岡市の主な定住サービス 笠岡の体験プログラム 笠岡の定住者紹介
仕事をお探しの方へ 農業を始めたい方へ 空き家をお探しの方へ 住居をお探しの方へ 田舎暮らしフェアに参加 結婚推進事業
定住相談窓口 助成金制度

笠岡湾干拓地で農業参入してみませんか
笠岡湾干拓は、昭和41年度から平成元年度まで国営干拓事業として実施され、477haの農家への配分農地(普通畑301ha、畜産畑176ha)と380haの粗飼料基地の計857haの農地が誕生し、約20年を経過したところです。
この間、干拓地の地域特性に合致する数多くの作物へのチャレンジが行われ、一定の成果が得られたところです。しかし、その後の農産物自由化をはじめとする農業行政の変化等により、耕種農家を中心に農業経営の不振が顕著になってきました。
特に、土地利用型作物中心であった麦の品質低下問題や比較的安定していた露地野菜の不振等により、遊休農地が顕在化する一方、粗飼料基地の作付け準備地の低利用等もあり、干拓地全体の農業の活性化が不可欠となっています。
このため、岡山県が平成16年11月に「笠岡ベイファーム活性化プラン」を取りまとめ、続いて、笠岡市が岡山県の活性化プランを基調としながら、より具体的な「笠岡湾干拓地の活性化プラン」を平成17年5月に策定しました。
このプランの中で笠岡湾干拓地活性化の手法の1つとして、民間企業の方々に農業法人として一般農地の取得又は賃借により、農業参入していただくことを積極的に支援しています。特に、北端エリアの領域では、前記活性化プランを基調として、新たな関連分野と連携し、民間活力の導入により干拓地農業の活性化の新たな展開を検討しています。
このため、民間企業の方々には、積極的に干拓地農業への参入をご検討いただきたいと考えています。すでに、民間企業の方には農業参入していただいており、今後、より多くの民間企業の方々にご参入いただきたいと考えています。
お問い合わせ先
政策部干拓調整課
TEL 0865(69)2113
FAX 0865(63)0228


Copyright (C) 2009 KASAOKA CITY All Rights Reserved.